ゼンマイを巻くこともメンテナンスです機械式時計の中でも手動巻きタイプは持ち主がゼンマイを定期的に巻くことが状態維持に繋がります。ゼンマイは金属製の板状バネで竜頭を使って巻くことが出来ます。竜頭を引っ張り回転させると、ある程度の場所でカチっと止まる場所があるので、この場所に来たら完了です。これ以上強く巻くとゼンマイが壊れてしまうこともあるので注意が必要です。また、ゼンマイを巻く時間を毎日1度、同時刻…