犬に服を着せる意味と選び方

犬は全身を体毛で覆われている他、体温は人間よりも高いのが特徴です。殆どの犬種は服を着せる必要は無く、冬季でも屋外で飼育することが可能です。しかし、品種改良された犬種の一分は体毛が殆ど無く、体温を調節することが出来ません。外気温の影響を受けやすいので、体温調節を適切に行うためには専用の服を着せることが重要になります。

保温を目的とした服を着せる場合、服の材質選びに細心の注意を払うのが飼い主の責務です。着心地が悪くても犬は意思表示が出来ないので、飼い主が犬の表情や仕草で判断する必要があります。犬種によっては表皮が剥き出しになっているので神経が過敏になり、繊維が擦れると強い痛みを感じてしまうことがあります。生地が柔らかく、伸縮性に富んだ作りになっている服を選ぶことで犬にストレスを与えずに保温効果を高めることが可能です。

犬の服を自作する際の工夫

飼い犬に着せる服を自作する際も市販品を選ぶ時と同様に生地の材質や伸縮性を重視することが大切です。特に伸縮性については歩行の際に体への余計な負担を避けることを第一に考える必要があるので、獣医師などの専門家に相談するのが無難です。また、散歩をさせる際に着せる服は歩行時に誤って裾を踏まないように寸法合わせにも気を配ります。生地の縫い合わせや生地の型取りは専門技術が求められるので、丈夫で着心地が良い一着に仕上げるためには事前に十分な練習を重ねる必要があります。体温調節を目的とした服は毎日着せることを前提にしているので洗い替えを用意しておくのが飼い主の務めです。洗濯しても生地が縮まず、柔軟性も損なわれない作りにすることが飼い犬を健やかに飼い続けることに繋がります。

犬の服を購入したいなら、通販サイトを利用しましょう。種類が豊富ですし、サイズや価格が明記されていますので、お気に入りの一着を選べます。