屋上緑化は環境対策にもなります!

屋上緑化とは、建物の屋上の空いたスペースを使って芝生などを栽培する事で、緑化エリアを増やして地球の温暖化やヒートアイランド現象などの環境改善対策の一環として行われる取り組みです。屋上緑化のメリットは、植物が持っている蒸散作用を利用する事により、周りの気温を下げる効果が期待できます。また植物が直射日光を遮ってくれるので断熱効果が発揮され、エアコンなど空調の稼働率を抑えてくれるので、省エネ対策の一つとしても屋上緑化は注目されています。また屋上緑化は建物を紫外線から守ってもくれるので、建物の劣化も防ぐ効果もあると言われています。また景観的にも良いので、屋上を緑化して休憩場所として利用できるようにしている商業施設も増えてきています。

屋上緑化のおける強風対策は必要不可欠!

屋上緑化には様々な方法があり、最近では施工のしやすさやメンテナンスなどを考慮したユニットタイプの緑化システムが人気となっています。
ビルや商業施設の屋上などだけでなく、屋上緑化に必要なレールも様々あり、勾配状の屋根などにも設置する事が可能です。
一方、屋上緑化を行う際はいくつかの対策も必要で、その一つが強風対策です。ビルなどの屋上は風の影響を受けやすいので、ユニット式で作られた芝生などは飛ばされる可能性があります。そのため、強風対策がされている緑化製品を購入したり、飛ばされないようネットを張っておくなどの対策が必要です。
また屋上緑化の際は重さにも注意しておきましょう。緑化に用いられる土や水の重さによっては建物に影響する可能性もあるので、屋上緑化する場合はなるべく軽い土などを使用するのがおすすめです。

断熱効果で夏は涼しく冬は暖かいので、冷暖房の費用を抑えられて省エネになるのが屋上緑化をするメリットの一つです。