ケースや風防をどうやって綺麗にするか

機械式時計は手入れやメンテナンスをしっかり行うことで、長く綺麗な状態で使うことができますよ。
まず時計の本体であるケースや風防についた汚れや手垢は、セーム皮やめがね拭きを使うことで綺麗になります。水を使って手入れするのは、ムーブメントにさびができる原因になるので避けましょう。時計をつけた状態で汗をかいてしまうのもさびの原因になるので、保管する際はふいてから乾燥したところに置きましょう。
また、風防は古いタイプの時計に多くみられるアクリルでできたタイプの場合、細かい傷が発生しやすいです。そのため、歯磨き粉などを利用して定期的に磨きましょう。ガラスでできた風防の場合は、反射防止のコーティングがはげてしまうので磨けないです。

ベルトの手入れ法について

機械式時計に使用されているベルトは、いくつかの種類に分けることができます。種類によって手入れの仕方が違うので、正しい方法で綺麗にしましょう。
まず金属製のベルトですが、使っているうちに垢や皮脂がコマとコマの間に入り込んでしまいます。このような汚れを落としたい場合は、ケース本体とベルトを分けてから中性洗剤を使って洗いましょう。超音波洗浄機があれば、より綺麗におとせますよ。
次に皮製の場合は低い湿度を保って、カビを防ぐのが大事です。表面が乾燥してしまったら、クリームを使って保革しましょう。また、同じベルトを連日使うのは避けて、休ませることも大切なポイントですよ。自分で手入れできないと思ったら、時計店に早めに持っていきましょう。

日本の腕時計メーカーが、世界に挑戦するために創り出した国産最高級の腕時計がグランドセイコーです。1960年から常に進化を続けるこの時計は、どの時代の人々をも魅了します。