くつろぎを感じる「床暮らし」

椅子・テーブル・ベッドといった西洋風のインテリアに囲まれて生活していても、時には床に腰を下ろして足を長々と伸ばせば、ゆったりとくつろぐことができます。そんな時間と空間を演出してくれるのが、ローソファです。
ローソファとは、その名の通り丈の低いソファのことです。通常のソファはクッションの下に脚または土台が入っていて腰掛けるのにちょうど良い高さに調整されていますが、ローソファの場合はクッションを直接床に置いてその上に腰を下ろすイメージです。和室で利用される座椅子に似ていますが、あくまでもソファなのでシングルタイプだけでなく2人掛け、3人掛けなどいろいろなバリエーションがあります。通常のソファと同様、L字型に置けるコーナーソファもあります。

足を投げ出してリラックス

ローソファの魅力は、何と言っても床に直接座るのに近い感覚が得られることです。立ち仕事などで疲れた足を思いきり投げ出して重力から解放してあげれば、心も体もリラックスできます。そのまま寝そべることも可能です。
また、ローソファは丈が低い分、視覚的な圧迫感が少ないという利点があります。その分部屋が広く感じられるため、ひとり暮らしのワンルームなどにも良くマッチします。こたつのある部屋にも合います。
視点が低くなるためテレビが見づらいなどのデメリットもあるにはありますが、これはテレビスタンドの高さを調整すれば解決します。むしろローソファによる「床座り」を基準にしてインテリアを配置すれば、開放感に満ちた室内空間を作り上げることができます。

ローソファは座面の低いソファのことです。部屋に置いても、視界を遮りませんので、部屋を広く見せることができます。和室にもなじみやすいのも特徴です。